Whole Foodスクール TOP > 生徒さんの声 > 笠原 美律さん

卒業生インタビュー

笠原 美律さん

お仕事:書籍・雑誌編集

1)スクールに入学したきっかけは?

マクロビオティックを実践しているなかで、いろいろな疑問を持ちはじめていた頃、雑誌か何かでタカコ先生とホールフードを知り、体験講座に即申し込み。“私たち人間は食材の命をいただいていることに感謝すべき”というタカコ先生の言葉に感動したことがきっかけです。

2)スクールで学んでよかったこと

○食材や調味料、道具を吟味する力をつけてもらえたこと
○商品の誇大表示やメディア情報に惑わされず、自分で取捨選択できるようになったこと
○自信を持って子供に“食”や“命”を伝えることができると思えたこと
○お料理することが、楽しくなったこと!
○ナチュラルクリーニングや経皮毒など、食のこと以外も学べたこと
など…多数!!!!

3)現在の活動や生活にホールフードの考えはどうのように反映されていますか?

買い物をするとき、調理するとき、お掃除するとき…大方スクールで教わったことが基本になっています。何かに迷ったり疑問に思ったときは、いまでも当時のテキストを開いたり、先生の著書をめくってみたりして、ホールフードの概念ではどうか…と確認することも多々。わたしにとってホールフードは、生活基盤そのものです。

過去のインタビューはこちら

インターネットからのご注文は↓

Copyright (c) Takako Nakamura Whole Food School All Rights Reserved.