Whole Foodスクール TOP > クラス案内 > 11/18(土)【東京】和の匠講座シリーズ ヒトモノコトへの向き合い方~京都流~ 庖丁入門講座

【東京】和の匠講座シリーズ ヒトモノコトへの向き合い方
~京都流~ 庖丁入門講座

美味しい料理のはじめの一歩は包丁から
美味しい料理のはじめの一歩は包丁から

美味しい料理のはじめの一歩は庖丁から

和食にすと養成講座を主催するホールフード協会は、和食の素晴らしい文化を次の世代へつなげていく活動をしております。
その一環として、料理や暮らしに必要な和の道具や食材にスポットをあてて、そのいわれや役割を学び、伝える人を育てる講座を企画しました。

第一回目は京都で活躍する庖丁コーディネーター廣瀬康二さんをお招きします。
京都の北部、南丹市に工房を構え、1挺ずつ、庖丁を造られています。市内を離れる理由は、この地はよい天然砥石が採掘されるからです。

庖丁の研ぎ方からメンテナンスまでをしっかりと学ぶ講座です。廣瀬さんは、庖丁の管理方法ではなく、守(もり)の仕方と表現されます。管理と守の違いはなんでしょう?
よい庖丁には、まな板選びも大切。さてさて、どんなまな板がよいのか?
使い捨ての時代に、よいモノを選ぶ目をもち、道具と向き合って守(もり)の方法を学びます。切れない庖丁だと、野菜や魚がどのようになるのか、研ぐのは無理でも毎日の守(もり)の方法など、ヒトとモノと理(ことわり)を知り、和食文化を伝えていきましょう。

*庖丁の個別診断も可能です。その場合は、ケースにいれてご持参ください。

お申込みはこちら

和の匠講座シリーズ ヒトモノコトへの向き合い方~京都流~ 庖丁入門講座
日時 2017年11月18日(土)11:00-13:00
場所 タカコ・ナカムラホールフードスクール キッチンスタジオ
東京都大田区上池台2-31-11モダンフォルム上池台2F
(東急池上線 洗足池駅から徒歩1分 サンクス隣り)
→地図はこちら
内容
  • 庖丁の研ぎ方、砥石の種類と選び方
  • 普段の庖丁の守(もり)の方法
  • 庖丁のパーソナル診断~庖丁を研いでみよう
  • 切れる庖丁で大根の桂むきに挑戦
  • まな板の選び方と守(もり)の方法
講師 庖丁コーディネーター 廣瀬康二
参加費

¥5,400(税込)

(早期申込割引)¥4,500(税込) ※10末日までに申込の方

募集定員 16名
持ち物 筆記用具
申込期限 2017年11月9日(木)
お申込みまでの流れ

【重要】お申込みの前にかならずご一読ください!

1. 講座のお申込み

下記の申込みフォームより、講座にお申込み願います。
お申し込み後に届く自動返信メールもかならずお読みください

↓

2. 受講料のお支払い

◎銀行振込

お申し込み後1週間以内に、受講料をお振込み願います。
お振込先は上述の自動返信メールに記載しております。

※期日以内にお振込みがない場合は、お申し込みをキャンセルさせていただきます。

※お申し込み時点で満席の場合、キャンセル待ちになることがあります。
その際は、お申し込みから2営業日以内(土日除く)に事務局よりご連絡いたします。

※お振込み手数料は、お客様にてご負担願います。

↓

3. 入金確認(申込完了)メールが届きます

このメールを以て、受付完了となります。

※3日以上経ってもメールが届かない場合は、事務局までご連絡ください。

※迷惑メールフォルダに振り分けられることがありますので、併せてご確認ください。

≫ メールでのお問い合わせはこちらから

TEL:03-3729-1077(受付時間:9:30~16:00 定休日:土・日・月・祝)

備考

※講座内容、講師は変更になる場合がございます。

※領収書は、発行しておりません。振込の控えを持って変えさせていただきます。
ただし、法人名義でのお見積の場合は、事務局にお問い合わせください。

お申込みはこちら

インターネットからのご注文は↓

Copyright (c) Takako Nakamura Whole Food School All Rights Reserved.