Whole Foodスクール TOP > Whole Foodとは > Whole Foodとは

Whole Foodライフスタイルのすすめ

Whole Foodとは、皮も根っこもまるごと食べる「全体食」から生まれた言葉ですが、食や暮らし、農業、環境を同じフィールドでとらえる考え方を表現することを「Whole Food」と呼んでいます。
1989年タカコ・ナカムラが全体食の概念をよりグローバルな視点からまるごと考えていく価値観を「Whole Food」と表現しています。

Whole Foodな暮らしをはじめませんか?

おいしい水のためには、河川を汚さないこと。それは、台所や洗濯の合成洗剤を使わないようにすること。ガーデニングで手軽に家庭農薬を使ってしまうことは、ワタシたちの使った洗剤や農薬が下水や畑に流れ、めだかや田螺などの小さな動物をなくしてしまいます。汚染された河川の水が海に流れ込みプランクトンの住めない海を作ってしまいます。もちろん、その汚染された水は浄水場に集められ、たくさんの消毒薬や殺菌剤が使われ水道水としてワタシたちが飲むことになります。

「環境問題」として考えると、ちょっと厄介で、むずかしい。ワタシたちの力ではどうしようもない大きな問題だと感じてしまうはずです。でも、ワタシたちの食が変わることが、田んぼの蛙を助け、おいしい昆布を採れる海にしていくこと、木も森も喜んでくれることに気づいてほしいのです。みんなつながっています。食も森も海も。ワタシたちの健康も。キレイな海が好き、キレイな夕陽がみたい、おいしい野菜が食べたい・・・だから、みんなで、Whole Foodな暮らしをはじめてみませんか?

タカコ・ナカムラ

インターネットからのご注文は↓

Copyright (c) Takako Nakamura Whole Food School All Rights Reserved.